ヨシオクボ 2022-23年秋冬コレクション – 服作りを通した“風への挑戦”

ヨシオクボ(yoshiokubo)の2022年秋冬コレクションが、東京・東郷記念館にて発表された。 今シーズンのテーマは「イカ上り」。風を受けて空に高く揚がる凧に習い、“目には見えない「風」を、1秒たりとも同じ表情を見せない「衣服」によって見ることができるのではないか”。そんな想いから制作をスタートしたという。 キーワードは「風と布」。発表されたプレゼンテーションでは、空気の流れである「風」と、それを受け止める「布」の関係性を、最適な美しさに昇華させようと試みた。 今回の8ルックに使用したのは撥水性の高密度織物で、ナイロンやポリエステルといった極めて軽いもの。織物を採用した理由は、高密度であってもわずかに空気を“逃”さなければ、最適なバランスで風を受け止めてくれないからなのだとか。 <風の操り方>は、衣服によって様々だ。たとえば、スリーブ部分を風船のように大きく膨らませたドレスは、空気を“溜める”手法。ほかにも、ビッグシルエットのMA-1にダイナミックな翼をあしらったようなルックや、大きな凧型のピースを背負ったルックなど、エアリーで構築的なスタイルがお披露目された。 【関連記事】:2でかけや発表会にも使える”きちんと服”が欲しい♪

スタニングルアー×KURO、クロスデザインの”大人カジュアル”レディースデニムジャケットやパンツ

スタニングルアー(STUNNING LURE)は、KURO(クロ)との協業プロジェクトとなるレディースのデニムウェアを、2022年3月よりスタニングルアー全店舗で販売する。 スタニングルアーは、ブランドとの協業プロジェクト「イン ハウス ウィズ スタニングルアー(In House with Stunning Lure)」を始動。第1弾として、デニムを中心とするアイテムを提案するブランド「KURO」とタッグを組んだ「クロ イロ(KURO iro)」をローンチする。 展開するのは、オーバーサイズのジャケット、ワイドパンツ、ロングスカートの3型。いずれのアイテムにも、生地を交差させた”クロスデザイン”を施し、遊び心のあるアイテムに仕上げた。カラーは、ライトブルーとインディゴブルーの2色を取り揃える。 中でも注目は、オーバーサイズのデニムジャケット。今回のテーマである”クロス”のデザインをバックに施し、立体的な美しいフォルムを生み出した。たっぷりとしたボリューム感のある袖が、大人の女性のラフさを演出する。 【関連記事】:エルメス n級品通販専門店

ヨシオクボ 2022-23年秋冬コレクション – 服作りを通した“風への挑戦”

ヨシオクボ(yoshiokubo)の2022年秋冬コレクションが、東京・東郷記念館にて発表された。 今シーズンのテーマは「イカ上り」。風を受けて空に高く揚がる凧に習い、“目には見えない「風」を、1秒たりとも同じ表情を見せない「衣服」によって見ることができるのではないか”。そんな想いから制作をスタートしたという。 キーワードは「風と布」。発表されたプレゼンテーションでは、空気の流れである「風」と、それを受け止める「布」の関係性を、最適な美しさに昇華させようと試みた。 今回の8ルックに使用したのは撥水性の高密度織物で、ナイロンやポリエステルといった極めて軽いもの。織物を採用した理由は、高密度であってもわずかに空気を“逃”さなければ、最適なバランスで風を受け止めてくれないからなのだとか。 <風の操り方>は、衣服によって様々だ。たとえば、スリーブ部分を風船のように大きく膨らませたドレスは、空気を“溜める”手法。ほかにも、ビッグシルエットのMA-1にダイナミックな翼をあしらったようなルックや、大きな凧型のピースを背負ったルックなど、エアリーで構築的なスタイルがお披露目された。 【関連記事】:2でかけや発表会にも使える”きちんと服”が欲しい♪

ジュエリーメーカーがハンドバッグデザイナーになる

ジュエリー業界は最近、新しいトレンドを巻き起こしています。バッグのようなアクセサリーに宝石を入れて、新しいスタイルを作り出しています。Carterカルティエのサボテン、ブルガリのSerpenti、ブラジルのデザイナーSilvia Frmanoichの木芸の宝石の手提げかばん、大きいブランドの宝石の商ですかますそれとも独立のデザイナーですか?出す作品はそれぞれ千秋があって、趣向を凝らして、美しいのはまったく拒絶することができません。

昨年、Carterカルティエが発売したCactus de Carterシリーズが、驚きました。全体の宝石シリーズのインスピレーションは、ブランドにとっては大胆な試みであり、ジュエリー編集者にとっては、ファッションの嵐のようなものですが、今年の夏、ブランドが爆発的に新鮮な第二弾を食べて、瞬く間に購買圏を爆発させました。

国内セレクトショップ GR8 が Balenciaga Triple-S の新色モデル

これらの斬新な指輪、ペンダントとイヤリングは価格だけでなく、ちょうどいい比率でサボテンの多いとげの外観を完璧に再現しました。しかし、これらの目玉のジュエリー以外に、最も魅力的なものはいくつかのバッグです。これらのバッグは105,000ポンドから販売されています。高価なデザインナーのハンドバッグをレベルアップさせるだけでなく、形も非常に目立ちます。

二つの最も豪華なデザインの中で、その中の一つは精巧なワニの皮に24カラットの金の粉をめっきしました。ボタンにはエメラルドの玉とダイヤモンドで作られたサボテンが飾り、オレンジの瑪瑙の花が咲き誇っています。肩のチェーンも18カラットのゴールドで作られています。

カルティエの最新作が発表される前に、ラスベガスのファッションショーに宝石をちりばめたバッグが展示されています。このようなファッションブランドの多くの大手ジュエリーメーカーのビーズはすでに販売されています。例えば、ブルガリの極致豪華なSerpentiシリーズです。

ムンバイの起業家は、ニューヨークに本社を置く、Coomi Bhasinの創作範囲はジュエリーから彫刻まで、彼女の作品の経典は復古の雰囲気に満ちています。精神と文明の魅力的な結合です。Coomi Bhasin 2017年春の新作発表会では、いくつかのバッグの力作が注目されています。

これらの素敵なバッグは最初にマン・マクスとサックス百貨(Saks)の中でクローゼットショーとして展示され、大きな成功を収めました。そして、インマン・マクスのジュエリーショップとSaksの第五大道を再び展示します。

この特許が付与されたワニのカバンには、ローズカットの模様が施された20カラットのゴールドジュエリーが飾られています。宝石を通り抜けると、手を適当な位置に置くことができます。

Coomiさんは「最初は70年代と80年代の初めに織物をデザインし、織物や皮革のデザインに情熱を持っていました。だから、これらのものに対する愛と宝石に対する情熱を結びつけることにしました。このユニークなシリーズが誕生しました」と話しています。

http://www.ninkitokei.com/brandcopy-m-235.html

ブラジルのデザイナーであるSilvia Furmanoichによって作られた特別な木芸のボーダーバッグは2016年に発売された創意と美感を一身に集めた作品で、Couture Showで丹念に制作された一連の木芸バッグが再び私達を驚かせました。

ブラジル北部のアマゾン熱帯雨林で出会った職人たちと協力を続け、唯一無二のバッグを作った。これらの作品は地元の木材を取材し、FUMANoichがデザインし、職人が丹念に制作したものです。

手で作ったものを巧みに手作業で切断して、小さな木くずをつなぎ合わせて、精巧で美しい図案を構成しています。このような細かい処理は絶対に思いがけないです。この作品では、ダイヤを飾ったオウムが木の枝にとまり、周りを回る木の葉が細かく描かれていて、小さな静脈までもが分かります。一方、多くの図形、デザイン、羽には階層感があり、熱帯鳥の羽がリアルに描かれています。一つの箱には二つの四角に切断された青いトパーズがあります。

今、女性はファッションに何を求めているか

人々がファッションを買う理由は変化しています。とてもクリエイティブなコレクションを買う顧客は常に少数いるでしょう。しかし、他の大部分の人々は今日、快適で機能的な服を求めています。今はそれがもっとも重視されています。かっこよく見せることや自分の富を見せびらかすことは最優先事項ではありません

Amazon | (バレンシアガ) BALENCIAGA スニーカー 43サイズ TRIP

人々は着る人のことを本当に考えてデザインしていません。女性たちが自分に合うように作られたものはひとつも見つけられないという紛れもない事実によって、ファッションは多くの人々を疎外してきました。それは大きな問題です。確かに「バレンシアガ」や「ヴェトモン」のフードパーカはクールです。あなたはそれを2000ドル以上出して買おうと決めました。でも、それを一体どこに着ていくのでしょうか?

私は最近の女性はファッションに対してずっと洗練された見方をしていると思います。彼らは超最先端を目指したり、誰もが履いているデザインの靴を手に入れたりする必要はありません。彼らは少数の人が持っていたり、知っている新しいスタイルを発見したいと思っています。もちろん、我々のクライアントのなかには、「バレンシアガ」の“トリプルS”のような話題になっているスニーカーを欲しがる人もいますし、我々はそれを販売しています。しかし、顧客やブランド、そして業界全体が数シーズン前に経験していたようなストレスは少なくなっているように感じます

メンズウェアは多用途性や、コレクションに深みを出せること、ユニセックスにできることなどから注目されています。私は女性ですが、男性の服をまとうことが大好きで、今までもずっとそうでした。だから私はメンズウェアにフォーカスしているのです。私は人々に自分の服を宣伝させるためにデザインしていません

http://www.ninkitokei.com/brandcopy-m-235.html

映画が公開される数カ月前に予告編を見て、その予告編がすごく魅力的だった場合、人々は公開時にその映画を観るのがとても楽しみになるでしょう。さまざまな意味において、ファッションショーや速報の論評などは予告編と同類のものです。もしある製品が実際にとても魅力的だった場合、それがやっと届いたときに、人々はもっと興奮するはずです。だから私は、それが信じられないほど素晴らしくて、壮観なものだったはずなのに「人々がそれに飽きてしまった」ことを問題にするべきか疑問です。コートドレスでもスーツでもなんでも、それがやってくる頃に人々がもはや欲しくないのなら、きっとそのスーツやワンピース、コートははじめからそんなにワクワクするものではなかったのです